上か下かのバイナリーオプション


バイナリーオプションの商品で取り扱われているのは、主に為替になります。その点ではFX取引(外国為替証拠金取引)と同じですが、バイナリーオプションは、その為替相場がこの先上昇するのか、下降するのかだけを予想するので、より内容がシンプルになっています。また投資できる金額の上限と下限が決められているのも、FXとは違う点です。その最低投資額と最高投資額は、業者によって違いますが、日本国内の業者については、100円~500円程度になっています。

そして為替が予想通りに動けば、投資金があらかじめ決められた倍率で戻ってきます。この倍率のことをペイアウト率、あるいはリターン率などと言いますが、150%~190%程度に設定してあります。つまりペイアウト率が190%のバイナリーオプションに100円を投資して、予想が当たれば190円になって戻ってくることになります。そしてもし予想が外れてしまったら、当資金は没収されます。この点もバイナリーオプションのユニークな所です。

ハイローオーストラリア
---------------------------------------------------------------------------
xxxXMのHPからは、口座開設が簡単にオンラインで行なえるほか、まずは仮想マネーを利用して、ノーリスクで取引の感覚を掴むことができる「デモ口座」のチャレンジもできます。まずは1度、試してみてはいかがでしょうか。FX業者を選ぶポイントは、多岐に渡っています。そのため、総合的に判断して業者を選ばないと、効率系に利益をあげることができないばかりか、思わぬ損失につながるトラブルが起きる可能性も。その点XMでは、以下のメリットを全て網羅しています。日本語対応が行き届いている、リクオートなし、レバレッジは最大で888倍、残高がマイナスになる心配もなし、ボーナスがもらえるチャンスも多い、等魅力満載です。
---------------------------------------------------------------------------
888Binary88(バイナリー88)というのは日本人トレーダー向けに開発されたというぐらい日本人の方にとっては非常に使いやすいサービスということに定評があります。「60セカンド」では4つのチャートを1画面で同時にチェックすることができ、相場の流れが読みやすいというメリットがあります。取引の種類をあげますと基本的なものですと「ハイロウ」、「60セカンド」、「ワンタッチ」以外にも「レンジ取り引き」というものもあります。60セカンドはペイアウト率が低いのが普通です。ですが、Binary88(バイナリー88)ではペイアウトの高い取り引きを行うことも可能となります。取引銘柄は14通貨ペア、22株式、11株価指数、6先物商品と種類も豊富です。
---------------------------------------------------------------------------
24242424オプションのホームページは日本語をふくむ世界13ケ国語に対応している世界最大級の巨大サイトです。取引画面(プラットフォーム)も見やすく操作しやすいとの評価を得ております。さらに画面には日本語対応の専用問い合わせ電話番号が明記されており、非常に安心です。

そのほかに日本語でのオンラインチャット、メールの対応も可能です。しかもこのサービスは、年中無休の24時間対応です。24オプションがトップレベルの優良業者である要因の一つです。初心者から上級者まで安心して取引できる業者といえるでしょう。海外業者の多くはキャッシュバックなどのキャンペーンを行っていますが、その中でも24オプションのキャンペーンは「太っ腹」なことで頭一つ抜けております。
---------------------------------------------------------------------------
avavaFXネットは現在、業界で最注目されている業者です。STPタイプと言って、取引に関わるすべてのことを人を介さず、カバー先へオーダーを流す方式を取るということで、トレーダーにとっては、大変公正な業者ということが言えます。さらに、どのような取引にも対応できるように、リクオート、注文拒否なし、全トレード約定時間1秒以内、スカルピング、ヘッジングOKということで、非常に多彩な取引ツールを提供している業者なのです。これまでここまで多くのツールを提供している業者はいなかったことから、注目されています。

これだけではありません。FxNetでは、信託保全がなんと100%!バークレー銀行等に資金分別保管がされており、万が一の時でも資金を補償する体制がしっかりと整っていますし、日本語サポートもしっかりと用意されていますので、これからFXを始めてみようという方、ベテランの方はFxNetを選択肢に入れておくと良いでしょう。かなり注目の業者で、FX初めてにもお勧めです。
---------------------------------------------------------------------------

為替相場が上昇するのか、あるいは下降するのかだけを予想するということは、一見すると丁半博打と変わりません。確かにそういった面があることは否めません。しかし丁半博打だとおもってバイナリーオプション投資を始めても、決して利益を挙げることはできません。それはなぜかというと、予想があたった時に戻ってくる金額(ペイアウト率)が200%を超えることはめったにありませんので、勝率5割では利益がでないからです。中には200%を超えるペイアウト率が設定された商品もありますが、ペイアウト率が高い商品は、それだけ難しい予想を当てなくてはなりません。

ならばバイナリーオプションで利益を挙げることなんて不可能ではないかと思うかも知れませんが、実はそうではありません。バイナリーオプションが丁半博打と違うのは、それが投資であることです。ただ感に頼ってお金をかける丁半博打とは違い、バイナリーオプションでは様々なデーターから為替の動きを予測するのです。データーを分析して、根拠がある予想をすることで勝率は高くなります。そして利益を挙げることが可能になるのです。

バイナリーオプションで気をつけなければならないのは、予想の仕方が簡単だからと言って、予想を当てるのが簡単なわけではないということです。しかしそんな中でも、しっかりとデーターを分析して、利益を挙げている人が多くいることも、また事実なのです。

バイナリーオプションを試してみたい、どんな感じなのかを実際に体験してみたい人は、多くの業者が用意しているデモ口座を利用してみましょう。デモ口座では、本番とまったく同じ環境でバイナリーオプション投資を体験できますので、雰囲気をつかむにはもっとも良い方法です。

投資には、様々なコツはあります。少なくとも会社選びなどは、かなり重要なコツと考えて良いでしょう。

そもそも投資商品を提供する会社にも、それこそ色々あるのです。各会社によって、手数料やシステムなどに関する違いがあります。利益率にも関わってきますから、適切な会社を選ぶ事は大切です。

例えば株式投資などでは、手数料が徴収される事になります。どれ位の数字になるかは、それこそ会社によって色々異なる訳です。1回の取引において発生する手数料は、例えば会社Aなら300円だとします。それに対して会社Bでは、500円といった具合です。

差額は200円前後ですから、一見するとあまり大きくないように見えます。しかし何回も売買を行うとなると、やはりそれは軽視できないポイントになるのです。

というのも投資では、何回も取引を行うケースが目立ちます。1回だけとは限らず、人によっては年間に数百回前後の売買を行う事もあるのです。それが100回だとすると、単純計算で2万円の差額になってくるでしょう。やはりそれだけ大きな差は、決して軽視できません。それを考慮すると、やはり会社をよく選ぶ事はコツの1つに該当する事は間違いないです。

それと取扱い数に関する違いも、決して軽視できないのです。なぜなら会社によって、選択肢に関する違いがあります。

不動産投資にしても、どれか1つ物件を選ぶ事になるでしょう。ただ多彩な物件が用意されているか否かは、やはり気になるポイントです。株投資も同じで、多彩な銘柄が準備されているか否かにより、だいぶ状況も変わってくる訳です。

それで銘柄の数などは、会社によって大きく異なっています。会社Aでは2,000前後の銘柄ですが、会社Bでは3,000前後といった具合です。したがって数も、会社を選ぶポイントの1つになります。

また投資のコツを学ぶ上でも、実は会社選びがポイントになってくるのです。金融会社によっては、独自のコンサルティングサービスを採用している事もあります。専門家による話を聞く事ができるサービスですが、それで投資のコツを学べば、利益率が高まると期待できる訳です。

ただしコンサルティングサービスが採用されているか否かは、それこそ会社によって異なります。中には、そういったサービスが存在しない会社もあるのです。それを考慮しても、やはり会社選びは重要と言えます。

これらの点を踏まえると、やはり「適切な会社を選ぶ事」は、投資に関するコツの1つと言えるでしょう。



スプレッド


FX取引と言うと、やはり一番にスプレッドの狭さばかりに目が行ってしまいがちです。

勿論一回一回の取引において、実質的には手数料ともいえるスプレッドは、狭ければ狭い程良いのでしょうが、短い実体験から考えても、もっと重要なのものは約定率であると思います。

どんなにスプレッドが狭かろうが約定率が低ければ、せっかくのプラス取引もマイナスになってしまうことがあるのです。

証券会社によっては許容スリッページを設定できる所もありますが、もともとの約定率が高ければ不要な心配をしなくても済みますので、その点でも約定率は重要であると考えられます。

keysky