バイナリーオプションのデメリット



coolバイナリーオプション ブログの取引は、比較的簡単なことなどのメリットがありますが、デメリットも存在します。そのもっとも大きなものは、取引コストが高いことです。それは株式への投資や、FXと比較すれば明らかです。

株式への投資では、取引手数料がかかります。手数料の設定は証券会社によって違いますが、例えば信用取引の場合、約定金額が100万円以下ならば、もっとも安い所で片道100円、往復で200円程度です。取引価格に対する手数料の割合は、0.02%程度です。

FXの場合の取引コストは、スプレッドです。スプレッドの設定も、業者によってまちまちです。FXでもっとも人気がある通貨ペアは米ドル/円ですが、ここでは比較的一般的な程度の0.8銭として計算しましょう。最近の為替レートは、1ドル100円前後ですが、おおまかに計算しても0.01%程度です。スプレッド設定で定評のiforexが個人的にはお勧めです。

そしてバイナリーオプションの取引コストです。バイナリーオプションの取引にかかるコストも業者によって違います。また投資を行う商品によって、設定されているペイアウト率が違うので、一概にこれくらいの取引コストがかかるとは言い難い面があります。それを前提に計算すると、例えばペイアウト倍率が1.8倍の商品の場合、勝率を5割だと仮定すると、還元率は0.9倍となり、収支はマイナスになります。つまりバイナリーオプションで利益をあげるには、勝率が7割以上でなければならないことになります。つまりそれだけ取引コスト、あるいは投資リスクが高いとも言えるのです。ペイアウト率と取引コストについての分かりやすい解説が、このbinarynaviにあります。

バイナリーオプションへの投資は、ルールが簡単で気軽にできる、結果が短時間ででるというメリットがありますが、それがデメリットにもなりえるのです。短時間で結果が出るということは、それだけ短時間で頻繁に取引ができるということです。そしてその投資の仕方は、いわば丁半博打のように、高くなるか、あるいは安くなるかを予想するだけです。つまり根拠もなく、勢いで繰り返し投資をすることができてしまうのです。そのうえ、勝率が5割だと損失が発生します。

バイナリーオプションへの投資をする時は、予想の方法は簡単でも、予想を当てること、投資そのものが簡単なわけではないことをを肝に銘じて置かなくてはなりません。バイナリーオプションでは、予想が外れると投資金は1銭も戻ってきません。つまり自分の予算の5分の1を5回に分けて投資して5連敗すると、資金はゼロになるのです。5連敗なんてしないと思うのも大きな間違いで、勝率を5割だとすると5連敗する確率は、計算上は32分の1です。32回取引すると、1回は5連敗するのです。

バイナリーオプションへの投資では、慎重さを忘れないようにしなければなりません。




スプレッド


FX取引と言うと、やはり一番にスプレッドの狭さばかりに目が行ってしまいがちです。

勿論一回一回の取引において、実質的には手数料ともいえるスプレッドは、狭ければ狭い程良いのでしょうが、短い実体験から考えても、もっと重要なのものは約定率であると思います。

どんなにスプレッドが狭かろうが約定率が低ければ、せっかくのプラス取引もマイナスになってしまうことがあるのです。

証券会社によっては許容スリッページを設定できる所もありますが、もともとの約定率が高ければ不要な心配をしなくても済みますので、その点でも約定率は重要であると考えられます。

keysky