FXの具体的な取り引きの仕方



FXは二つ一組の通貨を売買し、為替レートの差益を利用していく投資取引になります。
まずは為替レートなどで自分の投資の方針を決めたら、希望の取り引きを行うために発注をします。
パソコンなどの取引システムの画面上から、買いボタンもしくは売りボタンを選択し、数量を決定したら終了です。発注が終了し、取り引きが成立するとその通貨を保持していることになります。この状態をポジションと呼び、それぞれ、買いポジション、売りポジションと言います。その後、再び為替レートの動きを確認しつつ、自分の予測の値に達したら、保有している銘柄と数量を決めて決済を行い、損益を確定していきます。

こうした事を繰り返していくのがFXの投資取引なのですが、少し補足しながら具体的に説明をしていきましょう。
まずは、ポジションという概念を理解する必要があります。FXでは取り引きを始める前に通貨を保有しなくてはなりません。二つの通貨のペアを使用するので、「買ってから売る」と「売ってから買う」という相反する取り引きを行います。どちらの場合であっても、いずれかの通貨を保持することになり、注文を行って通貨を保持したままになっていることをポジションを取る、といい、保持している通貨を決済して持たない場内になることを。ポジションを解消する、と言います。
例えばAという通貨とBという通貨を取り引きする場合を考えます。A通貨がB通貨に対して上昇しそうだという場合は、A通貨を買っておいて高くなった時に売って利益を得ます。これを「買いポジション」といいます。
また逆に、A通貨がB通貨に対して下落しそうだという場合は、A通貨を売っておいてやすくなった時に買い戻すことで、その差益を得ます。これを「売りポジション」といいます。
再び取引システムに戻りますが、画面上には通貨の略称が書かれたボタンがあります。
米ドルと日本円の取り引きをした場合には、USD/JPYというように表示されていると思います。このボタンを選択すると注文の画面が出きます。
注文をする場合には、その数量と許容スリップとを入力して、売りボタン、買いボタンを選択すればその時点で発注が完了します。なお、数量とは保持する通貨をどのぐらいにするかという事になりますが、おおよその場合は数量1でその通貨1万単位分になります。また許容スリップとは、レートの変動が激しく注文が確定しにくい場合に、注文をした時のレートと誤差をどこまで許容するか、という範囲になります。この数値が高いほど、注文が確定しやすくなりますが、自分が望んだレートから外れる可能性があります。逆に、数値を低く取ると、自分のレートから大きく外れている場合は、注文をキャンセルしますので、なかなか注文が確定しないことになります。
注文が即時に確定しない原因は、為替レートの急激な動きにも一因がありますが、その他に、選んだ取引業者のコンピュータシステムの強さなども関係してきます。業者を選ぶときは注文の約定力の強さも参考にするのが良いでしょう。
また、FXは為替レートを取り引きの舞台にしていますので、通貨の売値と買値の差であるスプレッドも関与してきます。多くのFX取引業者は、このスプレッドの価格差を手数料という形で徴収しています。このスプレッドの取り分についても業者によって差があります。そのあたりも含めて、業者の選考は慎重に行うことが、より勝利に近い取引への第一歩となっていきます。

為替レートを分析をして予測を的中させることはなかなか難しいですが、しっかりと下調べを行い、自分の投資スタイルに合った、手数料などのコストの低い業者と契約することは、それほど難しい事ではないのです。
 




スプレッド


FX取引と言うと、やはり一番にスプレッドの狭さばかりに目が行ってしまいがちです。

勿論一回一回の取引において、実質的には手数料ともいえるスプレッドは、狭ければ狭い程良いのでしょうが、短い実体験から考えても、もっと重要なのものは約定率であると思います。

どんなにスプレッドが狭かろうが約定率が低ければ、せっかくのプラス取引もマイナスになってしまうことがあるのです。

証券会社によっては許容スリッページを設定できる所もありますが、もともとの約定率が高ければ不要な心配をしなくても済みますので、その点でも約定率は重要であると考えられます。

keysky