バイナリーオプションのリスク管理



toiletバイナリーオプションは取引を開始した時点で、最大リスクが決定されています。つまり、FXがや株のようにそのまま放置していたら多大な損失を被ってしまったということが一切ありません。

ただ、少しだけ負けるということもなく、大きな負けをした時点で、取引金額を全額失うことになります。だからバイナリーオプションはギャンブルとほぼ同じであると言われています。

FXでは、大きな負けをすると、取引した金額以外の保証金までなくなってしまいますが、バイナリーオプションではそういったことはありません。

とは言え、損はできるだけ小さく抑えたいもの。そういった方には取引する時間を限定させることで損をできるだけ小さくすることができます。取引には手数料もかかりますから、手数料だけが膨らんで損を大きくするようなことも失くすることが大切です。自分なりのリスク管理体制を整え、FX 戦略を身につけてから取引に挑むようにしましょう。

バイナリーオプションは上がるか下がるかを予想するだけの取引なので、ギャンブルと同じように捉えられることがままあります。しかし、ギャンブルもそうですし、FXや株もそうなのですが、賭けると熱くなってしまうタイプの人は、一旦自分を冷静にした上で取引を行うようにしてください。熱くなってしまうと多額の資金を動かして大きな利益を一発で得ようとするので、かえって損をしてしまうからです。心理として、利益が出ている期間が長いと、投資金額や取引回数を増加させてしまうのが人間なので、そういったことのないようにしてください。リスク管理についてもサポートしてくれる充実のサポート管理が人気なハイローオーストラリアもチェックしてみて下さい。




スプレッド


FX取引と言うと、やはり一番にスプレッドの狭さばかりに目が行ってしまいがちです。

勿論一回一回の取引において、実質的には手数料ともいえるスプレッドは、狭ければ狭い程良いのでしょうが、短い実体験から考えても、もっと重要なのものは約定率であると思います。

どんなにスプレッドが狭かろうが約定率が低ければ、せっかくのプラス取引もマイナスになってしまうことがあるのです。

証券会社によっては許容スリッページを設定できる所もありますが、もともとの約定率が高ければ不要な心配をしなくても済みますので、その点でも約定率は重要であると考えられます。

keysky